1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 横須賀港の魅力紹介 地元企業が無料誌第2弾発行

横須賀港の魅力紹介 地元企業が無料誌第2弾発行

カルチャー 神奈川新聞  2014年04月10日 03:00

3月に発行されたミナトコ第2号
3月に発行されたミナトコ第2号

横須賀港に停泊する艦船を見学するクルーズ「YOKOSUKA軍港めぐり」などを運営するトライアングル(横須賀市小川町)が、地元の魅力を伝えるフリーマガジン「ミナトコ」第2号を発行した。

同誌は2013年3月に創刊。観光客や市民らの町巡りのきっかけにしたいと企画された。「トコトコあるく、港町。」をコンセプトにしており、誌名は「港町」と「トコトコ」を掛け合わせた。

第2号では、軍港めぐりでツアー客が13年以降に撮影した艦船の写真を特集。撮影の狙いなどが一言添えられているほか、クルーズの見どころも紹介する。

また、地場の食材を扱い3月でオープン1周年を迎えた、よこすかポートマーケット(同市新港町)全14店舗のイチ押し商品を案内するほか、東京湾唯一の無人島・猿島での新しい過ごし方を提案する。EXILEのパフォーマーで同市出身のKENCHIのインタビューも掲載する。

10万部発行。カラーA5判、16ページ。よこすかポートマーケット、猿島航路発券所(同市小川町)などで無料配布している。問い合わせは同社電話046(825)7144。

【神奈川新聞】


シェアする