1. ホーム
  2. カルチャー
  3. クロマツ2本、藤沢市が“品川宿”に寄贈

クロマツ2本、藤沢市が“品川宿”に寄贈

カルチャー 神奈川新聞  2014年04月10日 03:00

寄贈したクロマツを植樹する(左から)鈴木市長、濱野区長、冨田社長(藤沢市提供)
寄贈したクロマツを植樹する(左から)鈴木市長、濱野区長、冨田社長(藤沢市提供)

江戸時代にともに東海道の宿場町として栄えた藤沢市から東京都品川区へ9日、クロマツ2本が寄贈された。クロマツは早速、旧東海道近くのマンション敷地内に植えられ、区から市に感謝状も贈呈された。

同区民らでつくる旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会は「街道松をつなぐまちづくり」を推進。これまで東海道の11の宿場町から松の寄贈を受け、植樹する取り組みを進めてきた。

藤沢市にも昨年夏、同協議会側から松の寄贈の打診があった。ことし9月に東海道シンポジウム藤沢宿大会を控える市は、品川宿の取り組みに賛同。友好の証しとして、市の木にも指定されているクロマツを贈ることにした。

クロマツを提供したのは同市遠藤の造園会社「湘南グリーンサービス」で、寄贈式典では鈴木恒夫市長と濱野健区長、同社の冨田改社長がスコップを手に高さ約2メートルのクロマツを植えていった。

【神奈川新聞】


シェアする