1. ホーム
  2. 話題
  3. アプリのアイデア満載 開発と企画、学生競う横浜国大

アプリのアイデア満載 開発と企画、学生競う横浜国大

話題 神奈川新聞  2016年11月21日 02:00

学生らが手掛けたアプリや企画が登場した「横浜国立大学アプリコンテスト決選」=横浜市中区
学生らが手掛けたアプリや企画が登場した「横浜国立大学アプリコンテスト決選」=横浜市中区

 アプリの開発技術やアイデアを競う「横浜国立大学アプリコンテスト決選」が20日、横浜ワールドポーターズイベントホール(横浜市中区)で開かれた。大賞には授業の休講情報などを提供するアプリと、就職活動中の学生と空き時間に居場所を提供できる企業をつなぐアイデアが選ばれた。横浜国立大学校友会、同大学情報基盤センターの共催。

 コンテストは、スマートフォンなどのアプリを実際に制作する「開発部門」と、理想のアプリの構想をプレゼンテーションする「企画部門」の2部門。全体で計62件の応募があり、中間審査を経て開発部門7組、企画部門3組が決選に進んだ。

 学生生活や、趣味の活動から着想された企画やアプリが登場し、学生らが機能などを説明。審査員のIT企業関係者らから、課題の指摘やアドバイスが送られた。

 開発部門の大賞は、休講など大学からの情報を提供するアプリを手掛けた「Orario」の大川貴市さん(23)、井口智勝さん(23)ら5人が受賞。企画部門は、就職活動中の学生と、空き時間の居場所を提供する企業をつなぐアイデアを出した「チームけいきゅん」の手塚友海さん(22)、小出彩稀さん(22)、会田千晶さん(22)が受賞した。Orario代表で同大理工学部4年の大川さんは、「プロの人に見てもらい、課題の指摘も受けていい経験になりました」と話していた。


シェアする