1. ホーム
  2. 経済
  3. 担い手農家をJA理事に、JA全中が改革プラン発表

担い手農家をJA理事に、JA全中が改革プラン発表

経済 神奈川新聞  2014年04月03日 08:00

全国農業協同組合中央会(JA全中)は3日、地域の農業で中心的役割を果たす担い手農家を各農協の理事に積極的に登用することを柱とする改革プランを発表した。農家と取引のある食品メーカーなどが「准組合員」の立場で農協に参加できるようにすることも打ち出した。

政府の規制改革会議や自民党の作業部会で検討が進んでいる農協改革の議論がまとまる前に、自己改革の姿勢をアピールする狙いがある。

しかし、規制改革会議が農協の設立目的から離れていると問題視している金融事業の拡大路線からの転換は盛り込んでおらず、今後プランの見直しを迫られる可能性もある。

【共同通信】


シェアする