1. ホーム
  2. 社会
  3. 茅ケ崎市で「不育症」治療費の助成始まる

茅ケ崎市で「不育症」治療費の助成始まる

社会 神奈川新聞  2014年04月01日 03:00

茅ケ崎市は1日から、妊娠しても流産や死産などを繰り返す「不育症」の治療費の一部助成を始める。2014年度一般会計当初予算に事業費約98万円を計上した。

不育症と診断された後に行った治療や検査のうち、保険適用外となった治療費について年度内に1回、自己負担額の2分の1を助成する。上限は30万円。年1回、計2回まで申請できる。

夫婦の前年(1~5月の申請時は前々年)の所得合計が730万円未満などの条件がある。

問い合わせは市子育て支援課電話0467(82)1111。

【神奈川新聞】


シェアする