1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球に柔道に水泳…、平塚で24種目体験フェス

野球に柔道に水泳…、平塚で24種目体験フェス

スポーツ 神奈川新聞  2014年03月31日 03:00

ソフトバレー初心者体験教室でルールなどを学ぶ参加者=平塚市総合体育館
ソフトバレー初心者体験教室でルールなどを学ぶ参加者=平塚市総合体育館

平塚市のスポーツ、レクリエーション関係5団体などによる「第1回ひらつか市民スポーツフェスティバル」(実行委員会主催)が30日、市総合公園(同市大原)で開かれた。野球、柔道、水泳、バドミントン、ソフトバレーなど24種類のスポーツ、レクリエーションの体験教室などを開催。市内外の関係者約500人が指導や運営に当たる中、約4500人の参加・見学者がスポーツの楽しさを満喫した。

フェスティバルは、野球場、競技場、温水プール、体育館、テニスコートなど各種スポーツ施設がそろった市総合公園を丸1日フル活用。多彩なスポーツ、レクリエーションを市民に紹介し、健康づくりの契機にする狙い。荒天のため、サッカー、自転車、ゲートボールなどの教室は中止になったが、杉山愛さんのテニスレッスンなどトップアスリートの指導なども行われ、多くの参加者でにぎわった。

体育館で行われたソフトバレー初心者体験教室には子どもから大人まで約80人が参加。県ソフトバレー委員会競技委員長の佐藤博実さんは「子どもから70、80歳まで楽しめるスポーツなのでぜひ普及させたい」と熱心に指導していた。

【神奈川新聞】


シェアする