1. ホーム
  2. 社会
  3. 川崎逃走の男が関与か、詐欺容疑の男2人逮捕

川崎逃走の男が関与か、詐欺容疑の男2人逮捕

社会 神奈川新聞  2014年03月27日 00:34

他人名義のクレジットカードでレンタカーを借りたとして、県警捜査1課と青葉署は26日、詐欺の疑いで、住所不定、無職の男(20)と、当時19歳で川崎市宮前区に住むアルバイトの男(20)を逮捕した。横浜地検川崎支部から逃走し、強盗や強姦ほう助罪などで起訴された杉本裕太被告(20)が関与を認める供述をしており、県警は近く同容疑で同被告を追送検する。

2人の逮捕容疑は、共謀し、昨年11月19日午前1時15分ごろ、川崎市内のレンタカー会社で、他人名義のクレジットカードを使って乗用車1台を借りた、としている。同課によると、2人は容疑を認めている。

同課によると、前日の18日夜、横浜市青葉区の路上で帰宅途中の男性会社員(45)が3人組の男に襲われる強盗傷害事件が発生。レンタカー契約には、その際に奪われた男性のクレジットカードが使われていた。県警はこの事件に両容疑者と杉本被告が関わっている疑いがあるとみて調べている。

【神奈川新聞】


シェアする