1. ホーム
  2. 話題
  3. 「TPP議論を」県農協が求める 秦野

「TPP議論を」県農協が求める 秦野

話題 神奈川新聞  2016年11月19日 11:00

壇上であいさつするJA県中央会の高桑会長=秦野市文化会館
壇上であいさつするJA県中央会の高桑会長=秦野市文化会館

 県農業協同組合(JA)大会が18日、秦野市平沢の市文化会館で開かれた。

 県内13JAの組合員ら千人が出席した。大会で可決された特別決議では、農業、農協改革案の取りまとめを行っている政府、与党に対して、「JAグループの自己改革を尊重し、支援すること」を求めた。また、環太平洋連携協定(TPP)について「農業者、国民の不安が払拭(ふっしょく)されるよう議論を尽くし、万全な国内対策と十分な予算を確保すること」を要望した。

 JA県中央会の高桑光雄会長は「不退転の決意で自ら改革していく」とあいさつした。


シェアする