1. ホーム
  2. 社会
  3. 相鉄が「特急」新設 横浜-海老名間が6分短縮 4月ダイヤ改正

相鉄が「特急」新設 横浜-海老名間が6分短縮 4月ダイヤ改正

社会 神奈川新聞  2014年03月11日 00:00

相模鉄道は4月27日にダイヤ改正を行う。より速く、より快適に、という客の要望を踏まえ、日中の時間帯に限り「特急」を新設した。新しい列車種別を導入するのは1999年の「快速」以来。横浜-海老名間の所要時間は現在の「急行」と比べ、6分短縮されて26分に。横浜-湘南台間も「快速」と比べ6分短縮され24分となる。JR東日本や東急電鉄との相互直通運転を見据えるとともに、他社との競争が激化する中で、競争力を高めるのが狙いとしている。

特急の運行時間帯は午前10時~午後4時。朝夕のラッシュ時は避け、本線、いずみ野線ともに1時間当たり2本を走らせる。

本線の利便性の向上を図るため、特急と快速を新設。特急は横浜、二俣川、大和、海老名に、快速は横浜、星川、鶴ケ峰、二俣川から海老名までの各駅に停車する。各停も運行する。

一方、いずみ野線の特急停車駅は横浜、二俣川、いずみ野、湘南台。日中は快速がなくなり、特急と各停の2種類となる。

相鉄では「『より速く』というお客さまからの意見をもとに、さまざまな検討を行った結果。一部には不便になったと感じる方もいるかもしれないが、理解を求めていきたい」と話している。

【神奈川新聞】


シェアする