1. ホーム
  2. 社会
  3. 独特の感性きらり、自閉症児・者作品展/秦野

独特の感性きらり、自閉症児・者作品展/秦野

社会 神奈川新聞  2014年02月15日 19:54

個性的な作品が並ぶ「自閉症児・者作品展」=イオン秦野店2階
個性的な作品が並ぶ「自閉症児・者作品展」=イオン秦野店2階

自閉症の子どもや大人が手掛けた個性あふれる作品が並ぶ「自閉症児・者作品展」が16日まで、秦野市入船町のイオン秦野店2階で開かれている。自閉症に対する理解を深めてもらおうと、同市自閉症児者親の会(山西絵里子会長)が主催した。

同市内に住む中学2年生から27歳までの自閉症児者7人の油彩画や水彩画、陶芸作品など21点が展示されている。

クジャクをテーマに何色もの絵の具を使って力強くも美しい羽根を表現した作品や、満開のサクラの下をさっそうと走り抜ける特急電車を描いた絵画などが並んでいる。

また、「変化に対する不安が大きい」といった自閉症の特徴や子どもたちの日常生活などをパネルやメモなどで紹介している。

同会のメンバーは「無心に作品づくりに取り組んでいる。独特の感性を見てほしい」と話している。

入場無料。午前10時から午後4時まで。

【】


シェアする