1. ホーム
  2. 経済
  3. 伊勢原で11、12日に「ちょい呑みフェス」/神奈川

伊勢原で11、12日に「ちょい呑みフェス」/神奈川

経済 神奈川新聞  2014年02月07日 00:27

大学生とコラボで盛り上げて-。地域の飲食店の魅力を知ってもらい産業の活性化を図ろうと、はしご酒イベント「伊勢原ちょい呑みフェスティバル」が11、12の両日、小田急線伊勢原駅周辺で開かれる。地元の大学生の発案で始まったイベントで、学生たちは「行きつけの店を見つけて」とPR。参加者2千人の目標達成に向け、準備に奮闘している。

同フェスを初めて開催したのは2012年11月。伊勢原市内にキャンパスを置く産業能率大学情報マネジメント学部の学生が発案し、同駅周辺の30店舗が参加して行われた。

2回目の今回は、実行委員長を務める山本賢太郎さんら2年生6人が中心となって運営。地域の商業活性化に取り組む組織「いせはら樂市樂座」(數井利次座長)の協力を得ながら、店舗との交渉や告知ビラの配布などを進めてきた。

年明けからは、深夜までメンバーと議論を重ねる毎日だ。若者もターゲットに加えようと、短文投稿サイト「ツイッター」を使って活動内容を報告しているほか、地域密着のコミュニティーFMにも出演してイベントをPRしている。

今回の参加店舗は前回より増え44店舗。居酒屋や中華料理店、イタリアンレストラン、焼き肉店、ダイニングバーなど、ジャンルは多彩だ。おつまみ1品とドリンク1杯を楽しめるチケットが3枚つづりで2500円(当日は2600円)。市商工会と市観光協会、各参加店舗で販売している。

山本さんは「伊勢原には魅力的な店があるのに、知られていないことが多い。イベントで立ち寄ってもらい、それぞれの行きつけの店を見つけてほしい」と話している。

イベント開催は両日とも午後5時から同10時まで。問い合わせは実行委員会電話0463(91)6881(花呉装)。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会