1. ホーム
  2. 社会
  3. 白旗神社で子ども向け節分イベント開催へ/藤沢

白旗神社で子ども向け節分イベント開催へ/藤沢

社会 神奈川新聞  2014年01月28日 23:08

藤沢市藤沢にある白旗神社で2月3日、子ども向けの豆まきイベントが開催される。地域住民らが「神社を交流の場に」と企画し宮司や総代らが賛同、実現した。実行委員会メンバーらは「地域の恒例行事にしていきたい」と期待している。当日は、地元出身の現役プロレスラーが鬼役で登場し会場を盛り上げるという。

本番1週間前の27日、実行委のメンバーらが神社へ集まり、豆まきに使う檜の升へ「白旗神社」の紋を焼き入れしていた。

企画が持ち上がったのは昨年12月中旬。市がインターネット上で公開している交流サイト「こみゅっと藤沢(市市民電子会議室)」で、「地域に、市民が自然に交流し合える場が少なくなっている」という市民の投げかけがあった。

これに白旗神社の鈴木大次宮司が呼応。「神社で豆まきをやってはどうか」と提案した。当初は10人ほどで動き始めたが、今では地域住民25人に総代らを含め、計50人近くが実行委となり、準備に追われている。

鈴木宮司は「豆まきは、日本に昔から伝わる民間行事。こうした行事を通じて、神社が地域の交流の場になれば」と期待している。かつては地域住民がふと訪れたり、子どもの放課後の遊び場だった神社だが、いつしか、限られた時に限られた人が集まる場所となっていったと、実感していた。鈴木宮司は「やはり地域に愛され、支えられてこその神社。あらためて、なじみ深く思ってもらいたい」と話す。

実行委メンバーも「地域にコミュニティーを欲している人が実は多かった。薄まった地域の交流を、自然な形で取り戻していきたい」と話している。

当日は午前11時、午後2時、同3時半の3回で、各回先着100人(小学生までの子ども)、参加無料。30分前から受け付ける。宮司が節分や豆まきの由来も教える。

午前11時の回には、藤沢出身で全日本プロレス所属の現役プロレスラー、諏訪魔さんが、鬼となって登場。諏訪魔さんは「子どもが相手なのでインパクトが大事。体を鍛え直して臨みたい」と気合十分だ。実行委メンバーも、プロのヘアメークの手で鬼になるという。問い合わせは実行委電話0466(22)9210。

【】


シェアする