1. ホーム
  2. 社会
  3. 一般住宅から拳銃18丁とライフル1丁など押収/神奈川県警

一般住宅から拳銃18丁とライフル1丁など押収/神奈川県警

社会 神奈川新聞  2014年01月27日 23:47

神奈川県警が押収した拳銃やライフルなど(県警提供)
神奈川県警が押収した拳銃やライフルなど(県警提供)

神奈川県警が県内の一般住宅から拳銃18丁とライフル1丁の計19丁と、実弾計約670発を押収したことが27日、県警への取材で分かった。県警が銃刀法違反の疑いで、入手ルートなどを捜査している。

県警暴力団対策課によると、押収したのは、主に米スミス&ウェッソン社製の回転式拳銃12丁、主に米コルト社製の自動式拳銃6丁、米国製のライフル1丁、拳銃用実弾約570発、ライフル用実弾約100発。住宅内の1カ所にまとめて隠されていた。県警の簡易鑑定でいずれも本物と判明し、さらに使用の有無などを調べている。

県警は捜査の過程で情報を入手、2013年12月中旬に指定暴力団の関係先を捜索し発見した。

同課によると、県内での1度の押収量としては、07年6月に横浜市内の民家から拳銃31丁と実弾約500発を発見して以来の規模という。

【】


シェアする