1. ホーム
  2. 社会
  3. 世界遺産の富士山と早咲きの菜の花 吾妻山公園で中旬から見ごろ/二宮町

世界遺産の富士山と早咲きの菜の花 吾妻山公園で中旬から見ごろ/二宮町

社会 神奈川新聞  2013年12月31日 18:50

富士山と早咲きの菜の花、相模湾の絶景が楽しめる吾妻山公園=二宮町
富士山と早咲きの菜の花、相模湾の絶景が楽しめる吾妻山公園=二宮町

「関東の富士見百景」の一つ、二宮町の吾妻山公園(中里、山西)は新春、世界文化遺産の富士山の眺望と早咲きの菜の花で格別の景観を堪能できそうだ。同公園では昨年末までにトイレや園路の整備が終了。さらに、花畑は昨夏に土壌改良を行ったため、今シーズンの菜の花は例年以上の生育ぶりになっている。年始には開花が進み、今月中旬から来月中旬にかけ見ごろとなる。

同公園の整備は2009年度から13年度まで5カ年計画(総事業費約2億円)で行われている。昨年末までに管理棟の建て替えと緊急用駐車場の設置、トイレの新設・改修、小動物園、園路の整備などを終了。残すは遊具「ジャンボエイト」の整備だけとなった。

また山頂西側の斜面に広がる花畑は、昨夏は早咲きコスモスの植栽を休んで土壌改良を実施した。その結果、約4万5千株を植栽した早咲き菜の花は、例年以上に株が大きく育ち、順調に開花が始まっている。新春には菜の花の黄色のカーペットと富士山、相模湾の絶景を一段と楽しめる。

菜の花の見ごろに合わせて、町内では11日から2月9日まで「第10回湘南にのみや吾妻山菜の花ウォッチング」と題して各種イベントを展開する。19日には同町山西の梅沢旧東海道で「第15回吾妻さんよさこいパレード」、20日には観光ツアー「早春の石仏めぐり」、2月1、2日には知足寺(二宮)で雛(ひな)の吊(つ)るし飾り展、土日祝日にはJR二宮駅北口の駅前町民会館で地場産品の展示販売会などを行う。

町では「土壌改良で菜の花の育ちも良く、富士山の景色と合わせて楽しんでいただけると思います。ぜひとも多くの方に来園してほしい」と話している。

同公園はJR二宮駅北口から、町役場前の公園入り口まで徒歩約5分。入り口から山頂(約136メートル)の展望台まで約20分。入場無料。イベントの問い合わせなどは町観光協会電話0463(73)1208。

【】


シェアする