1. ホーム
  2. 社会
  3. 川崎で16人感染確認 保育士の感染も発表、臨時休園に

新型コロナ
川崎で16人感染確認 保育士の感染も発表、臨時休園に

社会 神奈川新聞  2020年07月31日 19:59

川崎市役所
川崎市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、川崎市は31日、10~70代の男女16人の感染が新たに確認された、と発表した。中等症4人、軽症12人で、10人の感染経路が不明という。市発表の感染確認者数は累計571人となった。

 16人は10代1人、20代6人、30代4人、40代1人、50代1人、70代3人。

 市によると、感染経路が確認されている6人は20、30代の男女。居住地は川崎・多摩区が各2人、宮前・麻生区が各1人で、いずれも感染した親族や友人と都内で会食した濃厚接触者。

 感染経路不明の10人は10~70代の会社員や医師、美容師ら。居住地は川崎区が4人、多摩・宮前区が各2人、幸・中原区が各1人。

 また市は同日、同市中原区の認可保育園に勤務していた、都内在住で20代の女性保育士の感染が確認されたと発表した。同園は31日から当面、臨時休園する。

 市によると、保育士は27日まで勤務。28日早朝に発熱や頭痛を訴え、29日に都内の医療機関を受診した。都が女性の感染を公表していた。


シェアする