1. ホーム
  2. 話題
  3. 【ねこ】注目映画『メン・イン・キャット』主演ねこの名演技

女性自身
【ねこ】注目映画『メン・イン・キャット』主演ねこの名演技

話題 神奈川新聞  2016年11月14日 12:41

【ねこ】注目映画『メン・イン・キャット』主演ねこの名演技(写真:女性自身)
【ねこ】注目映画『メン・イン・キャット』主演ねこの名演技(写真:女性自身)

 オッサンが、ねこと入れ替わってしまい……!?映画『メン・イン・ブラック』シリーズの監督最新作で、アカデミー俳優ケヴィン・スペイシーが主演する映画『メン・イン・キャット』(11月25日全国公開)。

 家族よりも仕事命のワガママ社長が、飼いねこと入れ替わって、試練に立ち向かうコメディ作品で“ウイスキーを飲んで酔っ払う”“アルファベットを使って自分の存在をアピール”“会社に忍び込む”など、人間顔負けのとんでもねこが登場する。

 主演ねこは、青い瞳をもつふわふわのサイベリアンという種類。動きや表情はCGも使っているが、可能な限りねこ自身にお芝居してもらったのだそう。

「座っていられて、見まわすこともできるベテランのショーキャットや、タワーを登ったり、追いかけられたり、攻撃できるアクションキャットのほか、ペンを使って書くことができるねこ、数学が得意なねこなど、特徴のある6匹のねこが演じていたようです」(宣伝担当者)

 撮影にはプロのアニマルトレーナーが2人参加。ねこのあるある特性に苦労したという。

「ねこは犬が覚えられることは、ほとんど全部覚えることができるの。ただ、ねこがそれをするのは、自分がほしいものを見返りとして得られるときだけ。犬は人を喜ばせることや仕事が大好きだから同じことができるけど、ねこに『もう一度やりましょう』というと、『それって、私にどんな得があるの?』となるわけ」(アニマルトレーナーのミーレ)

 ところが、ねこたちは監督も絶賛するほどの素晴らしいお芝居を連発。予定よりもCGを使ったシーンは少なくなったのだとか。ねこたちの熱演を楽しんで!【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
【ねこ】茶トラはわが道タイプ…性格は色柄で決まる!?
60歳からのねこ飼育を可能にする“永年預かり”システム
【ねこ】災害に備えてハーネスに慣れておく必要はある?
「ねこ専用アパート」を作ってしまった愛猫家に話を聞いてみた
子ねこが訴えかけてくる表情が可愛すぎる切手シートが発売


シェアする