1. ホーム
  2. 社会
  3. 新食感スイーツ好調、スリーエフ「もちぽにょ」/横浜

新食感スイーツ好調、スリーエフ「もちぽにょ」/横浜

社会 神奈川新聞  2013年12月05日 23:57

新食感のシュークリームも「もちぽにょ」
新食感のシュークリームも「もちぽにょ」

スリーエフ(横浜市中区)で、新食感のシュークリームの売れ行きが好調だ。もち米粉を使った生地にミルクカスタードクリームが入った、その名も「もちぽにょ」(105円)。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で人気に火が付いた。11月22日の発売から1週間で2万個超が売れ、その後も右肩上がりが続いている。同社は「発売後、2週間で流行が下火になることの多いコンビニの商品では珍しい」と手応えをつかんでいる。

「特段、広告費にお金をかけたわけではなかった」と担当者は苦笑いする。もちもちとした独特の食感や、ネーミングの面白さもあって、ブログやツイッターで感想を発信する客が相次ぎ、人気がじわじわと広がった。約650店舗展開するが、現在1店舗当たり1日平均約10個が売れているという。日本大通店(同)では4日午後3時前に50個並べたところ、5日昼前には完売した。

反響を受けて、急きょ、販促ツールを作成するなどしてアピールを強化。同社は「今後は新しい味の開発も検討する。一過性に終わるのではなく、本物のヒット商品に育てたい」と意気込んでいる。

【】


シェアする