1. ホーム
  2. 社会
  3. 広まれ「五輪音頭」 踊りの振り付けが完成/大和

広まれ「五輪音頭」 踊りの振り付けが完成/大和

社会 神奈川新聞  2013年10月07日 22:32

2020年開催の東京五輪を盛り上げる歌「東京2020音頭」を広めようと、大和市内の高齢者介護施設に勤める視覚障害者の立石平貴さん(61)=静岡県御殿場市=が7日までに、知人の協力で踊りの振り付けを完成させた。

この音頭は昨年、立石さんが東京招致を願って作詞作曲した。9月に東京開催が決まった後、知人で相模原市南区や座間市を中心に踊りのボランティア活動を行っている立山佳子さん(78)=座間市=に振り付けを依頼した。

振り付けは「踊りやすさ」(立山さん)が特徴だ。「東京みんなで 手をつなぎ めざすは 2020年 がんばれ日本 踊りゃんせ」という歌詞に、両手を上げて左右に揺らして聖火台で燃え立つ炎をイメージする振り付けにした。

立石さんらは「地域のイベントなどで紹介し、広めていければ」と話している。

【】


シェアする