1. ホーム
  2. 話題
  3. 未来の横浜、子どもたちが描く Y161絵画・入賞作展示

未来の横浜、子どもたちが描く Y161絵画・入賞作展示

話題 神奈川新聞  2020年07月26日 16:10

展示された「Y161夢の街絵画コンテスト」の入賞作品
展示された「Y161夢の街絵画コンテスト」の入賞作品

 子どもたちが未来の横浜の風景を自由に描く「Y161夢の街絵画コンテスト」の入賞作品が、横浜市内で展示されている。市長賞やY161賞、横浜銀行賞など各賞に輝いた22点が同行元町支店に、優秀賞30点が同行横浜市庁支店に飾られ、来店者の目を引いている。

 このほか、みなとみらい(MM)線元町・中華街駅の中華街側通路と、マリナード地下街JR関内駅側通路には入賞全作品のポスターを展示中。23日からは横浜中華街延平門近くの九龍陳列窓でも展示されている。8月2日(中華街は同10日)まで。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のためイベントや表彰式は中止になったが、主催する実行委員会では、公式サイトで入賞作品とともにグルメなどの地域情報も発信しており、「子どもたちが40年後の開港200年を迎える横浜を描いた作品を通じて、地元のエリアや企業が自治体と一緒に横浜を盛り上げていることをPRしていきたい」と話している。


シェアする