1. ホーム
  2. 社会
  3. まん丸お月様お食べ、横浜中華街で巨大月餅振る舞う/神奈川

まん丸お月様お食べ、横浜中華街で巨大月餅振る舞う/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年09月19日 23:10

大勢の客の前で巨大月餅を切り分ける従業員=横浜市中区のローズホテル横浜
大勢の客の前で巨大月餅を切り分ける従業員=横浜市中区のローズホテル横浜

中国の中秋節(日本の十五夜)にあたる19日、横浜中華街にあるローズホテル横浜(横浜市中区)は直径1メートル、重さ60キログラムの巨大月餅を切り分け、約300人の客に振る舞った。中国では中秋節に月餅を食べる風習があることにちなんだ企画で、今年で20回目。

今年の月餅には世界文化遺産登録を記念し、富士山のデザインが施された。切り分けたのは8月19日から1カ月間、ロビーで展示していたのと同じサイズ、同じデザインのもので、前日、自社工場で作ったという。

無料配布にあたり大勢の客が集まり、30分ほどで“完売”するほどの盛況ぶりだった。中区在住の吉田順子さん(74)は「始まって2年目ぐらいから毎年のように来ています。ここへ来られることが、自分の元気のバロメーター」と月餅を手に笑顔。同ホテルの担当者は、20年前は地元向けの小さなイベントだったと振り返りながら、「平日にもかかわらずたくさんのお客さまに来ていただき、ありがたい。今後も中華街の文化を発信する行事として継続したい」と話していた。

【】


シェアする