1. ホーム
  2. 社会
  3. 鎌倉観光客数 例年は1900万人、でも実数は774万人/神奈川

鎌倉観光客数 例年は1900万人、でも実数は774万人/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年09月19日 00:06

鎌倉市は18日、市内を訪れる観光客の実人数を初めて推計した結果、2012年度は約774万2400人だったと公表した。これまで年度ごとに公表していた「入り込み観光客数」は、各観光地点を訪れた延べ人数で、12年度は約1974万3200人だった。

市は12年度、年4回行われる県観光振興対策協議会の入り込み観光客数調査に合わせて来訪者アンケート(計790人回答)を実施。調査で得た観光客の立ち寄り地点数の平均値(2・55カ所)で、延べ観光客数を割って、実人数を算出した。

さらに、年間の観光消費額も今回から実人数を用いて計算。ここ数年間は600億~700億円台だったが、12年度は467億6500万円と3割程度減った。

市観光商工課は「観光客数の実情を知ってもらうとともに、今後の施策にも反映させていきたい」と試算の狙いを説明。今後は一般的な指標の入り込み観光客数とともに、実人数も公表していくという。

鎌倉市内の観光客数は近年、延べ人数で毎年1800万~1900万人台で推移している。

【】


シェアする