1. ホーム
  2. 話題
  3. 起業のポイント学ぶ 鎌倉の中学生

起業のポイント学ぶ 鎌倉の中学生

話題 神奈川新聞  2016年11月11日 02:00

経営コンサルタントが生徒に起業の準備について説明した授業=鎌倉女子大中等部・高等部
経営コンサルタントが生徒に起業の準備について説明した授業=鎌倉女子大中等部・高等部

 鎌倉女子大中等部・高等部(鎌倉市岩瀬)で10日、起業の準備を学ぶ授業が行われた。中学1~3年生約120人を対象に、県よろず支援拠点の経営コンサルタントがポイントを解説した。

 学校側は4月から、起業することで社会貢献を学ぶプロジェクトを実施。現在の中学3年生が2年後、実際に会社をつくることを目指し、市内の会社で仕事を体験したり、起業のアイデアを練ったりしている。

 同支援拠点はプロジェクトに協力し、この日は講師を務めた山崎隆由さんがアイデアの整理や事業計画作りの際に気を付ける点などを説明。「自分の強みと弱みを整理してイメージを固めて」「家族や友達同士で話すと客観的な意見が得られる」などとアドバイスした。

 授業を受けた3年の生徒(15)は「書店を開いてみたい。創業者は細かいところまでチェックする必要があって難しそうだが、やりたいことを実現したい」とイメージを膨らませていた。


シェアする