1. ホーム
  2. 社会
  3. 植樹など通し水源地の魅力知って 10月に体験イベント/山北町

植樹など通し水源地の魅力知って 10月に体験イベント/山北町

社会 神奈川新聞  2013年09月02日 22:46

水源地の魅力を知ってもらおうと、山北町は10月5日と20日、町内3地区で渓流や水源林を活用した自然体験イベントを開催する。同町は「郷土の文化を知ってもらい、水源地の大切さを感じてもらいたい」と、9月6日まで参加者を募集している。

5日は、三保地区の中川水源交流の里施設(同町中川)で竹細工やマスのつかみ取り、植樹を楽しめる。20日は、共和地区の旧町立共和小学校(同町皆瀬川)で間伐体験、野鳥の巣箱づくり、ヤマメのつかみ取り、清水地区の河内川ふれあいビレッジ(同町湯触)で足柄茶染めやマスのつかみ取りなどを予定している。それぞれの地区の住民と交流し、地域の文化に触れることができるという。

イベントの定員は、各地区それぞれ親子20組。参加費は中学生以上が1500円、4歳~小学6年生が千円。申し込みは、はがきに希望する日と地区、参加者全員の氏名とふりがな、年齢、郵便番号、住所、電話番号、交通手段を記入し、郵送する。宛先は〒258-0195、山北町山北1301の4、山北町役場環境農林課。

問い合わせは、同課電話0465(75)3654。

【】


シェアする