1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 全国中学大会:ハンドボール女子、西中原、全員で攻めて2冠/神奈川

全国中学大会:ハンドボール女子、西中原、全員で攻めて2冠/神奈川

スポーツ 神奈川新聞  2013年08月23日 23:47

勢いはとどまることを知らない。ハンドボール女子決勝は、4月の全国選手権に続いて西中原が優勝した。2冠を獲得した主将のGK渋佐は「みんなで攻め抜いた結果です」とチーム一丸の勝利を強調した。

前半で9-6と3点リードし、迎えた後半。開始直後から山田と中村の両サイドが起点となって攻め込み4点を連取。以降はセンターの佐俣が森、羽二生らにもボールを散らして相手守備を幻惑し、相手に流れを渡さなかった。

春は山田と中村の活躍で初優勝した。集大成の夏に向け「両エース頼み」からの脱却がチームの課題となり、格上の高校生と練習を重ねる中で佐俣や森らが力をつけた。その佐俣は「大会を通して、メンバー全員で攻撃できた」と胸を張った。

10月の関東選抜大会には、県選抜チームのメンバーとして渋佐や山田ら7人が出場する。「この結果に自信を持って、次も優勝を狙う」。キャプテンは高らかに宣言した。

【】


シェアする