1. ホーム
  2. 社会
  3. 米軍根岸住宅返還へ(下)孤立深め「蚊帳の外」

地区内 佐治さん夫妻
米軍根岸住宅返還へ(下)孤立深め「蚊帳の外」

社会 神奈川新聞  2018年12月15日 11:48

日米の合意内容の資料を見る佐治さん夫妻
日米の合意内容の資料を見る佐治さん夫妻

 返還の道筋が見えつつあることを喜ぶなどという、単純な反応ではなかった。米軍根岸住宅地区(横浜市中、磯子、南区)の内側にある民有地で暮らす佐治実さん(70)は、ため息をついた。「結局、何がなんだか分からないまま翻弄(ほんろう)され続けるのだろうか」。日米のはざまで強いられてきた不条理の数々に、孤立は一層深まっている。

翻弄


 11月、日米両政府は根岸住宅地区の「共同使用」について協議を始めることで合意した。返還に向けた動きとされ、日本政府は建物撤去などの原状回復作業を3年程度で完了する考えを示す。

 「共同使用は、我々とは関係なくやるのだろう。我々は蚊帳の外。でも、どう考えてもここは米軍基地の中なのに」

 一報に接した佐治さんは、あきれたように語り出した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする