1. ホーム
  2. カルチャー
  3. PYRAMIDが7年ぶり新譜  70~80年代の音楽を深化

PYRAMIDが7年ぶり新譜  70~80年代の音楽を深化

カルチャー 神奈川新聞  2018年12月13日 19:35

「PYRAMID」のメンバー。左から和泉宏隆、鳥山雄司、神保彰
「PYRAMID」のメンバー。左から和泉宏隆、鳥山雄司、神保彰

 ドラムの神保彰、ピアノの和泉宏隆、ギターの鳥山雄司のバンド「PYRAMID」が7年ぶりに4作目の新譜を発表した。3人は高校時代からの仲間で、司令塔役の鳥山は「仕事ではなく、自分にとっては研究の場。ここでつくったものが将来、音楽のコモンセンスになるだろうと思っている」と自信を見せる。

 音楽プロデューサーとしても名をはせる鳥山と、フュージョン界で活躍する2人は多忙でめったにそろうことがない。今作ではスタジオに集まらず、個別に演奏したデータを送り合い、鳥山がコラージュのように編集したという。

 神保は「単なる足し算になっちゃうのではと懐疑的でもあったが、予想をはるかに上回る作品になった。やはり司令塔の才能が圧倒的だとすごいものができる」と言えば、和泉は「音の玉手箱。聞けば聞くほど新たな発見がある。どうやってつくってるのか」と驚く。

 2011年に前作を発表後、音楽の聴き方はCDからインターネット配信へ急激に変わってきた。鳥山はその状況に「音楽的にどうアプローチしていいのか見えていなかった」と明かす。

 「よし、そろそろやれるかもしれない」と思ったのは17年ごろ。今作では、3人が影響を受けた1970年代後半から80年代初頭の音楽に、鳥山がとらえた最新の音楽のエッセンスを絶妙に取り入れ、深化させた。

 長い年月を経ても、3人だと意図せずに演奏を合わせられる。それは「同じ時代や時間を共有した体験が大きい」と口をそろえる。「みんなうまくなりましたよね」とはじけるように笑った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会