1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 低レベル放射性廃棄物を搬出 一時保管の横須賀基地から

低レベル放射性廃棄物を搬出 一時保管の横須賀基地から

政治行政 神奈川新聞  2018年12月13日 02:00

在日米海軍横須賀基地(資料写真)
在日米海軍横須賀基地(資料写真)

 横須賀市は12日、米軍による東日本大震災の被災地支援活動(トモダチ作戦)で出た低レベル放射性廃棄物が、一時保管されていた米海軍横須賀基地(同市)から搬出された、と発表した。外務省が同日、市に伝えた。

 市基地対策課によると、搬出されたのは断熱材やダクト、布類などが入った段ボール箱27個と、熱交換器やラジエーターなど39個。

 東京電力の契約した産業廃棄物処理業者が10、11の両日、搬出した。今後、廃棄物処理法にのっとって処理される。人体や環境に影響する放射線量は検出されていない。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング