1. ホーム
  2. 話題
  3. 「年末ジャンボ」をPR 幸運の女神が川崎市役所を訪問

「年末ジャンボ」をPR 幸運の女神が川崎市役所を訪問

話題 神奈川新聞  2018年12月13日 02:00

福田市長が購入した宝くじを手渡す「幸運の女神」の伊東さん=川崎市役所
福田市長が購入した宝くじを手渡す「幸運の女神」の伊東さん=川崎市役所

 宝くじ「幸運の女神」の伊東萌さん(25)が12日、川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長や松原成文市議会議長らに、1等・前後賞合わせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」など3種の宝くじをPRした。

 宝くじの売り上げの4割は、地方自治体の小児医療費助成やがん検診、予防接種などに使われている。同市にも売り上げに応じて配分されているが、昨年は27億4300万円で前年比12%減だった。

 福田市長は「貴重な財源になるので、市内で買うよう広く呼び掛けたい」と話した。さらに「10億円当たってもなかなか使えるものではない。(日産自動車前会長の)ゴーンさんなら使えるかもしれないが」と話しながらその場で購入した。年末ジャンボの販売は21日まで。


シェアする