1. ホーム
  2. 話題
  3. 「平成最後」のすす払い 1年間の感謝込め、小田原城

「平成最後」のすす払い 1年間の感謝込め、小田原城

話題 神奈川新聞  2018年12月13日 02:00

小田原城址公園で行われた「すす払い」=小田原市城内
小田原城址公園で行われた「すす払い」=小田原市城内

 新年に向けて1年間でたまったすすやほこりを清掃する年末恒例の「すす払い」が12日、小田原城址公園(神奈川県小田原市城内)内の天守閣や常盤木門で行われた。

 市観光協会などによると、すす払いは、1年間の感謝と、新年を気持ち良く迎えられるようにという願いを込めて、天守閣を休館して毎年12月12日前後に実施している。古くからの慣習に従い、公園内で切ってきたばかりの約5メートルの女竹(めだけ)を使用。小田原城総合管理事務所の職員5人が女竹を左右に振り、汚れを清めた。

 同協会の担当者は「今回は平成最後のすす払いで、特に気持ちを込めて行った。新しい元号になっても、多くの人に小田原城に親しんでもらえたら」と話した。


シェアする