1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 議員定数2削減の改正案提出へ 平塚市議会、清風クラブ

議員定数2削減の改正案提出へ 平塚市議会、清風クラブ

政治行政 神奈川新聞  2018年12月13日 02:00

平塚市役所
平塚市役所

 平塚市議会最大会派の「清風クラブ」(8人、数田俊樹団長)は第4回定例会最終日となる21日の本会議で、議員定数を2削減し26とする条例改正案を提出する。また、同市商店街連合会(常盤卓嗣会長)も12日までに、定数を28から26に削減することを求める陳情書を同市議会に提出した。

 11日の議会運営委員会で清風クラブが各会派に議案提出の方針を示し、共同提案者を募った。数田団長は「市の面積も考え、人口1万人当たり議員1人が定数の根拠として妥当」と説明した。21日の本会議で可決した場合は来春に予定されている統一地方選から適用される。

 また、陳情書は11日の議運で提示された。常盤会長は「議会も歳出削減を行い、少しでも商店街振興のための予算として活用してほしい」と呼び掛けた。

 同市議会の定数はこれまで2007年の市議選で34から30、15年の選挙で28へと削減された経緯がある。


シェアする