1. ホーム
  2. 経済
  3. 移動サービス実現へ 小田急と4社が連携し、アプリ開発

移動サービス実現へ 小田急と4社が連携し、アプリ開発

経済 神奈川新聞  2018年12月13日 02:00

 小田急電鉄(東京都)は12日、移動手段をサービスとして提供する「モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS、移動のサービス化)」の実現に向けて、システム開発などで国内4社と連携することで合意したと発表した。今後アプリを開発し、実証実験を実施する。

 小田急と連携するのは、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発するヴァル研究所(同)、カーシェアリングサービスを展開するタイムズ24(同)、自転車シェアリングのドコモ・バイクシェア(同)、次世代型電動車椅子を開発するWHILL(横浜市)。

 開発する「小田急MaaSアプリ(仮称)」は、ヴァル研究所の検索エンジンを使い、鉄道やバスなどの交通データを表示。カーシェアリングサービスの所在地や貸し出し可能な自転車の台数もチェックできる。また、公共交通機関を降りた後の移動手段として、次世代型電動車椅子とも連携する。

 開発したアプリを用いて2019年末までに、観光エリアの箱根と、都市型エリアの新百合ケ丘・町田で、実証実験を行う予定。割引優待を提供するなどして、商業施設の利用促進も目指す。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング