1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「地域活性化踏まえ判断」城ケ島大橋無料化時期で黒岩知事

「地域活性化踏まえ判断」城ケ島大橋無料化時期で黒岩知事

政治行政 神奈川新聞  2018年12月08日 02:00

島西部の再整備に合わせ、無料になる城ケ島大橋
島西部の再整備に合わせ、無料になる城ケ島大橋

 地域の活気は景観から-。城ケ島大橋(三浦市)を無料化する時期を巡り、黒岩祐治知事は7日の県議会本会議で「地域活性化の状況を踏まえて判断する」と説明。活性化の見極めは「景観が変わり始めたかどうかを一つのバロメーターとして考える」と述べ、観光地としての島内整備が条件との認識を示した。

 知事は「地元の一体感や盛り上がりは確かに感じ、無料化に踏み切るタイミングがいよいよ近づいてきた」と指摘。一方で具体的な時期には言及せず、無料化は地元が一枚岩になって景観を変えることが条件との考えを示した。その上で「一日も早く無料化を進めていきたい」と述べた。

 同大橋は、三浦半島と城ケ島をつなぐ県管理の有料道路(普通乗用車150円など)。無料化は地元の悲願で、7年前には県議会が4万筆超の署名とともに出された請願を全会一致で採択した。知事は今年11月に無料化を打ち出し、その時期は「(島西部の再整備が)進み始めたと実感できた段階」と語っていた。

 石川巧氏(自民党)の一般質問に答えた。


シェアする