1. ホーム
  2. 社会
  3. ふるさと納税で熊本支援 鎌倉市が代理寄付受け付け

ふるさと納税で熊本支援 鎌倉市が代理寄付受け付け

社会 神奈川新聞  2020年07月07日 05:00

横浜市役所
横浜市役所

 豪雨で甚大な被害を受けた熊本県の復興を支援するため、鎌倉市は、被災自治体の代わりにふるさと納税を受け付ける「代理寄付」を行っている。

 豪雨に襲われた熊本県人吉市、芦北町、津奈木町、球磨村などの12市町村が対象。鎌倉市によると、被災した自治体は、罹災(りさい)証明書発行などに人手が必要で、寄付受け付けなどの事務が困難になる。現地職員が現場対応や復旧に注力できるよう、代理で事務を担い、後日、寄付金を届けるという。

 ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」か市企画計画課に申し込む。問い合わせは同課電話0467(61)3845。


シェアする