1. ホーム
  2. 経済
  3. 放流工夫し産卵場整備 相模川漁業協同組合連合会 木藤照雄代表理事会長

さがみを語る
放流工夫し産卵場整備 相模川漁業協同組合連合会 木藤照雄代表理事会長

経済 神奈川新聞  2018年12月06日 13:00

4600万匹という過去最多の天然アユが遡上(そじょう)遡上した今年の相模川。しかし、夏場の悪天候などで、釣り人にとっては必ずしも恵まれたシーズンとはいえなかった。今シーズンの状況を相模川漁業協同組合連合会の木藤照雄代表理事会長に聞いた。 -今年の相模川のアユ釣りを振り返ると。 「今年は台風、増水...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする