1. ホーム
  2. 選挙
  3. 現職小林氏、4選へ出馬表明 来年2月の厚木市長選

2019年 2月10日告示 17日投開票
現職小林氏、4選へ出馬表明 来年2月の厚木市長選

選挙 神奈川新聞  2018年12月05日 11:39

小林 常良氏
小林 常良氏

 任期満了に伴う厚木市長選(来年2月10日告示、同17日投開票)で、現職の小林常良氏(69)が5日、4選を目指し立候補することを表明した。同市長選への出馬表明は初めて。

 小林氏は2007年の市長選に出馬し、4選を狙った当時の現職に対し多選批判を展開して初当選。その後、市長任期を3期12年までとする努力規定を盛り込んだ多選自粛条例を提案、制定に至った経緯があり、進退が注目されていた。

 小林氏は同日午前の市議会本会議での一般質問で意向を問われ、「多選自粛の努力義務があることは誰よりも理解している」と強調した上で「私が市政運営のリーダーとしてふさわしいか、審判を(有権者に)委ねさせていただく決意を固めた」と答弁した。

 午後には出馬会見もし、小田急線本厚木駅南口の再開発など進行中の事業に触れながら「(多くの事業を進めている)現職の責任がある。責任を取る道を選んだ」と市政継続の必要性を訴えた。

 小林氏は日大卒業後、市職員や市議3期、県議1期を経て市長に就いた。


シェアする