1. ホーム
  2. 社会
  3. 小学生記者、取材成果発表 横浜で子どもサミット

小学生記者、取材成果発表 横浜で子どもサミット

社会 神奈川新聞  2018年12月05日 02:00

子どもサミットで小学生記者が成果発表
子どもサミットで小学生記者が成果発表

 小学生が「一日記者」として取材した県内企業などの取り組みを通じて、暮らしやすい社会づくりについて考える「日立かながわ子どもサミット2018」が1日、横浜市戸塚区の日立製作所システム&サービスビジネス統括本部横浜事業所で開かれた。参加小学校や協力企業などから約200人が出席した。

 9回目の開催で、日立製作所横浜支社・神奈川新聞社共催、県教育委員会などの後援。今回は横浜市立東戸塚小、同瀬谷第二小、同並木第一小、川崎市立平間小、横浜国立大学教育学部付属鎌倉小の5校が参加した。

 児童たちは夏休み中にオカムラ、相模鉄道、三浦半島の漁業と農業、ブックオフオンライン、箱根町の箱根八里旧跡をそれぞれ取材。取材時に各社から出された課題に取り組み、この日の発表会で解決案を提案した。児童が成果をまとめた作品、参加校を対象に実施した家電アイデアコンテストの優秀作品の表彰式も行われた。


シェアする