1. ホーム
  2. 社会
  3. 落ち着き続くも「ガス影響強い」 大涌谷で東海大調査

落ち着き続くも「ガス影響強い」 大涌谷で東海大調査

社会 神奈川新聞  2018年12月05日 02:00

大涌谷で行われた火山ガスの定点観測
大涌谷で行われた火山ガスの定点観測

 箱根山の大涌谷(箱根町)で4日、東海大の大場武教授が火山ガスの定点観測を実施し、「火山活動は落ち着いた状態が続いている」ことを確認した。一方で「ガスの影響は依然として強く、注意や対策が必要」との認識を示した。

 大場教授は毎月、火口や蒸気井がある大涌谷の斜面と周辺の噴気地帯でガスを採取。その組成から火山活動の盛衰を調べているが、「11月の前回調査時とほぼ変わらなかった」という。ただ、「火口付近では二酸化硫黄(SO2)などの影響が強く、風向きによっては目に染みる」と注意を促した。

 箱根山の噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下げられてから3年が経過したが、大涌谷園地の一部では立ち入り規制が続いている。


シェアする