1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉「警告はアリバイ」ヘイト集会開催に講師

川崎市、不快感
〈時代の正体〉「警告はアリバイ」ヘイト集会開催に講師

時代の正体 神奈川新聞  2018年12月04日 02:00

集会の講師として参加者らと会場入りする徳永弁護士(右から2人目)=2日、川崎市教育文化会館
集会の講師として参加者らと会場入りする徳永弁護士(右から2人目)=2日、川崎市教育文化会館

【時代の正体取材班=石橋 学】ヘイトスピーチが行われる恐れがあるとし、差別的発言をしないよう川崎市から警告を受けた上で開催された2日の集会で、講師の弁護士が「警告は市が会館の使用を許可するためのアリバイ」との受け止めを示していたことが3日分かった。公的施設の利用を制限する異例の行政指導の趣旨をねじ曲げるような発言に、市側は「何かのアリバイではないし、好ましい受け止めではない」と不快感を示している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする