1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 小さな新人王・東克樹(3)独り立ち「名電に行くわ」

小さな新人王・東克樹(3)独り立ち「名電に行くわ」

ベイスターズ 神奈川新聞  2018年12月02日 02:00

7回無失点で9勝目をマークした横浜DeNA・東=2018年8月、横浜
7回無失点で9勝目をマークした横浜DeNA・東=2018年8月、横浜

 「将来の夢」と題した小学校の卒業文集に、ベイスターズの東克樹(23)はこうつづっていた。

 「僕の将来の夢は、まず、とても野球の強い高校に入って、甲子園で優勝して、プロ野球にドラフト一位で入団することです」

(2)「投手のほかに何が面白いんや」
(4)「影武者」が得た財産

 ほとんど、その筋書き通りに、野球人生を歩んできた。東自身は「あの時の夢は、誰もが書くみたいなもの。プロに行けるなんて思っていなかった」と笑うが、母由紀(50)の思いは違っていた。野球に夢中になる長男の思いに応えようと必死だった。

 克樹が地元の硬式野球チーム「四日市ボーイズ」に入ると、由紀も看護師として働きながら独学で栄養学を学んだ。「投手は体力を一番消耗するんだから食べなさい」と鶏肉や魚が中心の食事で、筋肉質の体に育て上げた。プロ入り後、イニング間にベンチでバナナを頬張る姿が話題となったが、「すぐ栄養を吸収するから」とアドバイスを送ったのは母だ。

 泥だらけのユニホームも本人に洗わせた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする