1. ホーム
  2. 経済
  3. シェア畑運営で新方式 企業が農地を直接借り受け 綾瀬に新法施行後初の開園

シェア畑運営で新方式 企業が農地を直接借り受け 綾瀬に新法施行後初の開園

経済 神奈川新聞  2018年11月30日 13:09

綾瀬市内に開設された市民農園「シェア畑 さがみ野」(同社提供)
綾瀬市内に開設された市民農園「シェア畑 さがみ野」(同社提供)

 都市住民向けの畑のレンタルサービスを手掛けるアグリメディア(東京都)は今月、農地の所有者から直接土地を借り受ける形で綾瀬市内に市民農園「シェア畑 さがみ野」を開設した。これまで企業が市民農園を運営する場合、運営を受託する形で行っていたが、新法の施行で9月から借りて行うことが可能となった。同社によると、この方式での開園は国内初という。

 同社は「シェア畑」と銘打ち、これまでも

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする