1. ホーム
  2. 社会
  3. いじめ重大事態「再調査を」 被害者側訴えで横浜市が調査委

いじめ重大事態「再調査を」 被害者側訴えで横浜市が調査委

社会 神奈川新聞  2018年11月28日 22:18

横浜市役所
横浜市役所

 2015年度に横浜市立小学校で当時3年生だった女子児童が同級生4人からいじめを受けた問題で、市教育委員会の設けた第三者委員会が4人から直接、聞き取りをせず、女児側が市に再調査を求めていることが28日、分かった。市教委は「4人の保護者が応じなかったため」と説明。林文子市長は同日の定例会見で、市長部局に新たに委員会を設置し、再調査の必要性を諮問したことを明らかにした。

 女児側は9月12日、市と市教委に再調査を求めた。

 市教委などによると、女児側が最も問題視しているのは第三者委が4人に直接、聞き取りをしていない点。4人の保護者が応じない理由について、市教委は「『既に学校から何度も聞き取りをされ、謝罪もした。子どもの記憶も薄れている』などの意見があった」と説明する。

 また市教委が9月18日に公表した報告書で、女児の上履きの中にゴキブリの死骸が入っていた点について、第三者委が「原因を特定できず、法律上の『いじめ』の認定には至らなかった」と結論付けたことなどにも女児側が納得していないという。

 女児側の要望を受け、市は大学教授、弁護士、医師ら7人で構成する「いじめ問題調査委員会」を市長部局に初めて設置。今月26日に既に初会合を開き、関係者からヒアリングすることを確認したという。

 市長は会見で、「調査委の答申を踏まえ、再調査の実施について判断したい」とし、できるだけ早期に結論を出す考えを示した。

 市教委は「いじめ防止対策推進法」に基づく重大事態調査の結果、市立小2校でいじめがあったと認定し、学校の対応が不十分だったとする報告書2件を公表。うち1件が女児の事案だった。

 報告書などによると、女児は同級生の男女4人から暴言を吐かれたり、髪を切るよう強要されたりするいじめを受けた。年間欠席日数は約100日に達し、転校した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会