1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 外国人受け入れ「本質課題に政府が答えぬ」 立民・福山氏

外国人受け入れ「本質課題に政府が答えぬ」 立民・福山氏

政治行政 神奈川新聞  2018年11月28日 14:45

政府を批判する立憲民主党の福山幹事長=横浜市中区
政府を批判する立憲民主党の福山幹事長=横浜市中区

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は27日夜、横浜市中区で開かれた会合に出席し、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を巡る政府の国会対応を「本質的な課題について総理も大臣も答えないまま」と批判。「いつから国会は総理の外遊日程に合わせて下請け機関のように採決に協力する状況になったのか」と嘆いた。

 安倍政権下で成立した安保法制やIR整備法などを挙げ、「議会が数で押し切られる。生煮えの議論のまま、物事の細かい部分は官僚に委ねられる。議院内閣制の在り方自体が崩れつつある」と懸念を示した。

 同党の牧山弘恵氏(参院神奈川選挙区)の政治資金パーティーで述べた。来夏の参院選同選挙区に牧山氏に加え2人目を擁立する方針については、記者団に「状況は見ないといけないが、基本的には変わらない」と語った。 


シェアする