1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 男子81キロ級で小原が準優勝 柔道GS大阪大会

男子81キロ級で小原が準優勝 柔道GS大阪大会

スポーツ 神奈川新聞  2018年11月25日 09:55

 柔道のグランドスラム大阪大会第2日は24日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、男子73キロ級はリオデジャネイロ五輪覇者の大野将平(旭化成)が決勝で66キロ級五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)に優勢勝ちし、優勝した。

 県勢は、男子81キロ級決勝で小原拳哉(東海大相模高出身、パーク24)が敗れたほか、女子63キロ級の田代未来(相原中出身、コマツ)は3位決定戦を制した。女子57キロ級の芳田司(相原中出身、コマツ)は3位決定戦に敗れた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする