1. ホーム
  2. 話題
  3. 環境問題や災害に関心を 開成町で体験イベント

環境問題や災害に関心を 開成町で体験イベント

話題 神奈川新聞  2018年11月25日 02:00

煙を充満させたテント内を通る煙体験も行われた環境防災フェア=松ノ木河原第一公園
煙を充満させたテント内を通る煙体験も行われた環境防災フェア=松ノ木河原第一公園

 環境問題や自然災害を身近に感じてもらおうと、「かいせい環境防災フェア2018」が24日、開成町延沢の松ノ木河原第一公園周辺で初めて催された。来場者は展示や体験を通して、関心を深めた。

 町などでつくる実行委員会の主催。町飲食店組合や町商工振興会などのほか、小田原市消防本部、松田署、企業などが参加した。

 会場では、備蓄品や感震ブレーカーなどの展示のほか、救命講習や防災クイズ大会などが行われた。来場者は生ごみ処理機「キエーロ」のブースで使用方法を熱心に質問し、子どもたちは消防車や自衛隊の指揮通信車に乗り込んで記念撮影を楽しんでいた。

 町は「環境問題や自然災害への関心・ニーズは多様化している。いろいろなものを見て自分に必要なものに気付き、備えにつなげてもらいたい」と話していた。


シェアする