1. ホーム
  2. 経済
  3. 大船にホテル2号店、相鉄フレッサ 来秋、観光客需要対応

大船にホテル2号店、相鉄フレッサ 来秋、観光客需要対応

経済 神奈川新聞  2018年11月24日 11:52

 ビジネスホテル「相鉄フレッサイン」を展開する相鉄ホテルマネジメント(横浜市西区)は、2019年秋、大船駅(鎌倉市)近くに2号店「相鉄フレッサイン鎌倉大船2(仮称)」をオープンさせる。

 同社は07年に約300メートル離れた場所に1号店を開業。周辺に企業の研究施設があることから出張者のビジネス利用が多いという。これに加え近年では江の島や鎌倉を訪れる観光客や訪日外国人客(インバウンド)の需要も高まり、幅広い客層に対応するため2号店出店を決めた。

 2号店は同駅から徒歩2分、地上6階建てで客室数は152室を計画。1号店では観光客らにニーズの高いツインタイプの客室が1室のみだったが、2号店では客室全体の25%程度を予定している。また同社は20年夏、田町駅(東京都)近くで、同エリア2号店となる「相鉄フレッサイン東京田町2(仮称)」の開業も予定。フレッサインブランドのホテルは累計33店舗目となる。 


シェアする