1. ホーム
  2. 社会
  3. 学ぶ、日本の先進技能 「いつか母国で生かす」

新たな共生へ 外国人と介護(上)
学ぶ、日本の先進技能 「いつか母国で生かす」

社会 神奈川新聞  2018年11月24日 02:00

横浜への留学予定者に介護の仕事や勉学の心得を説明する福山さん(右から2人目)=10月、中国・大連
横浜への留学予定者に介護の仕事や勉学の心得を説明する福山さん(右から2人目)=10月、中国・大連

 面談は朝から始まった。会場は中国・遼寧省、大連のホテル。スーツ姿の若い男女が、緊張した面持ちで順番に席に着いていく。

 「まだ日本語が十分ではないので、お年寄りと話をできるか不安です」

 若い男性が不安をのぞかせた。

 「日本の介護は、高齢者の表情も見て異変がないか注意しながら支援をしていく手法。しっかり学べば、技術も身に付きますよ」

 介護留学制度への参加予定者を、面談者役を務めた横浜市福祉事業経営者会のコーディネーター、福山満子さん(54)が、中国語で励ました。ここで会話が日本語に変わる。

 「(施設で)会話をするときは、相手の顔を見て話すこと。それと、来日まで日本語の本を読んで、しっかり勉強を、ね」

 福山さんは中国生まれ。残留邦人だった母の帰国に伴って日本に移り、多感な少女時代を過ごした。「母国を離れて学ぶ留学生の気持ちがよく分かる」。彼らにとっては、日本で頼れる相談相手だ。

 中国各地から集まってきた彼らは来日後、留学生に週28時間まで認められた「資格外活動」を使い、横浜の高齢者施設でアルバイトに従事しながら、福祉系専門学校に通う。在学中に介護福祉士の国家試験に挑み、日本での就労を目指す。

 彼らには日本は「介護の課題先進国」として映る。中国でも長年の一人っ子政策で高齢化が進み、介護人材の育成は急務だからだ。60歳以上人口は2億4千万人(2017年末、民政部統計)に達している。

 留学予定者の男性(26)が日本語で意気込みを語った。「日本の先進的な介護を学び、いつか中国に帰ったら、地元の高齢者のために施設を経営したい」

悩み解消へ「支援を」

 福祉系の専門学校、湘南医療福祉専門学校(横浜市戸塚区)は4月、初めて海外からの留学生を受け入れた。中国、フィリピン、ベトナムの3カ国から来日した6人が学ぶ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする