1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 蝋燭能「鞍馬天狗」に挑戦 鎌倉の小学生ら練習に熱 よこすか芸術劇場で25日に

蝋燭能「鞍馬天狗」に挑戦 鎌倉の小学生ら練習に熱 よこすか芸術劇場で25日に

カルチャー 神奈川新聞  2018年11月23日 11:55

観世さん(左)の指導を受けながら練習に励む子どもたち=20日夜、横須賀市本町
観世さん(左)の指導を受けながら練習に励む子どもたち=20日夜、横須賀市本町

 25日に「よこすか芸術劇場」(横須賀市本町)で行われる蝋燭(ろうそく)能「鞍馬天狗(てんぐ)」に、県内の小学3年生から6年生12人が出演する。役柄は花見をする稚児。観世流能楽師・観世喜正さん(48)が「子どもたちに日本の伝統芸能に親しんでほしい」とプロデュースする。公演を間近に控え、子どもたちの練習は熱を帯びている。

 「つま先はそろえて、膝は曲げて、顎は引いて」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする