1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 県、企業誘致100件達成 4年間で投資額2022億円

県、企業誘致100件達成 4年間で投資額2022億円

政治行政 神奈川新聞  2018年11月23日 02:00

味の素の新研究所(県提供)
味の素の新研究所(県提供)

 県は22日、独自の企業誘致施策「セレクト神奈川100」で、県外や国外から誘致した企業数が目標の100件をクリアしたと発表した。2015年度からの4年間で、事業所新設などによる投資額は約2022億円、新たな雇用は約4千人に上るとしている。

 ソニーや味の素などの新規認定で100件に達した。食品大手の味の素は、川崎市川崎区の事業所内に新たな研究所を整備。国内に点在するグループ企業の研究開発機能を集約し、健康寿命の延伸を目指すための食品研究開発を進める。投資額は約42億円、新規雇用は188人を見込み、2020年11月30日の稼働開始を目指すという。

 同日の会見で黒岩祐治知事は「100件の目標達成に満足することなく、先頭に立って県内への企業誘致に取り組んでいく」と述べた。


シェアする