1. ホーム
  2. 話題
  3. 「チャリティーサンタ人形」販売 飢餓に苦しむ人々支援

明治学院大の学生ボランティア
「チャリティーサンタ人形」販売 飢餓に苦しむ人々支援

話題 神奈川新聞  2018年11月22日 09:56

笑顔で手渡す明治学院大学のボランティア学生 =横浜高島屋
笑顔で手渡す明治学院大学のボランティア学生 =横浜高島屋

 明治学院大の学生ボランティア16人が21日、横浜高島屋(横浜市西区)で、恒例の「チャリティーサンタ人形」を手渡しで販売した。クリスマスに向けて24回目となる同社のチャリティー活動で、同大ボランティアセンター所属学生16人が初参加。収益金は飢餓に苦しむ人々への食料支援のため、NPO法人「国連WFP協会」(同区)に寄付される。

 学生らは世界の飢餓問題について事前に受講。同協会が紹介する最前線からの生の声に「紛争地などの実情を知った」と国際貢献の意義を学び、販売を迎えた。

 男性リーダーの内川慶太郎(23)さんは手渡したお客さんの笑顔に「人のためになれてうれしい」。女性リーダーの大塚麻奈(19)さんは「できることが身近にあふれていると実感した」と訴えた。

 1点300円。横浜店は1万5千点を販売。1人5点までで売り切れ次第終了。問い合わせは、横浜高島屋電話045(311)5111。


シェアする