1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 2020年夏、ガンダム動く 実物大、横浜・山下ふ頭

動画
2020年夏、ガンダム動く 実物大、横浜・山下ふ頭

カルチャー 神奈川新聞  2018年11月21日 20:09

山下ふ頭でのガンダムプロジェクトのイメージⓒ創通・サンライズ
山下ふ頭でのガンダムプロジェクトのイメージⓒ創通・サンライズ

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」の実物大のガンダム像が2020年夏、横浜港・山下ふ頭(横浜市中区)に設置される。19年にテレビ放映開始40周年を迎えることを記念したプロジェクトの一環。高さ18メートルの動く初代ガンダムを約1年間、展示する。東京五輪・パラリンピック開催期間とも重なり、市は国内外からの誘客や港のにぎわい創出に期待を寄せている。


 都内で21日に開かれた発表会で明らかにされた。プロジェクトは、ガンダム作品の版権を持つ創通とアニメ制作会社サンライズが設立した一般社団法人が主体となり、ロボット研究に携わる大学教授らも参加している。

 設置されるのは、市が港のにぎわい創出を目的に暫定利用する市有地(9ヘクタール)の一角。五輪期間中はホテルシップも停泊する予定で、市が社団法人に有償で貸し付ける。市と社団法人は文化教育、観光促進などの分野で協力するため、連携協定も結んだ。

 荒木田百合副市長が、海外出張中の林文子市長の「世界初の試みの場として横浜を選んでいただき光栄。世界中の人々を引きつけると確信している」とのメッセージを代読した。


都内で開かれたプロジェクト発表会
都内で開かれたプロジェクト発表会

 サンライズ社長で、社団法人の宮河恭夫代表理事は「ガンダムと日本のものづくりの力が国際都市・横浜で融合する」と強調した。

 発表会では、40周年プロジェクトのテーマ曲を手掛けるLUNA SEAのSUGIZOも登場、生演奏を披露した。


40周年プロジェクトのテーマ曲を手掛けるLUNA SEAのSUGIZOさん
40周年プロジェクトのテーマ曲を手掛けるLUNA SEAのSUGIZOさん

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング